るんるん

1997年度九月号

ファイト!(有沢遼)■連載2回■

「三つ子の魂」というやつでしょう・・・七歳までは毎日けいこしていただけあって体が覚えているんですねぇ(笑)櫂くんからは「さすが空手女」と呼ばれるし(笑)やっぱり「おとなしい女の子」は無理なのかなぁ・・・と悩む真緒ちゃんはとうとう抱きついてきたチカンさんを急所に突きを入れて倒してしまったのです(笑)だんだん空手女に近づいているようです(笑)★★


おでまし!プリンセス(あしざわ深花)■新連載■

むかしむかしボーヴィンという国に一人のエミリアお姫さまが・・・とってもおてんばだったのです(笑)今日も身元を隠してこっそり町に出て善良な靴屋さんをいじめているハンスを懲らしめてしまいます。エミリアの婚約者候補って・・・おてんばしていたところをしっかり見られていたお坊さんだったのです(一応 若いお兄ちゃん(笑))★★★


COCOROのもじもじ☆(まえだ真穂)■よみきり■

真穂一弥改め

谷川ひなちゃんは字が汚いとコンプレックスを抱いている佐々木先輩のことが好きな女の子。字が汚くて初恋の男の子にふられてしまったという苦ぁぁい思い出があって、なんと!ともだちの月子ちゃんに代筆してもらって告白したのです(おいおい)それがうまくいっちゃったものだからひなちゃん大喜び!でも月子ちゃんからは早く本当のことを言ったほうがいいよと言われたのですが・・・タイミング悪く感動した先輩はひなちゃんに字が負けないようにと書道部に入ってしまって(笑)ひなちゃんにも入部を進める始末・・・身から出たさびとは言え・・・楽しい!!(笑)なんとか切り抜けたけど今度は交換日記(笑)あまりにもひなちゃんが避けているので先輩は自分のことがキライになってしまったのかと誤解してしまったのです。ちゃんと正直に話せばよかった・・・ひなちゃんは、いままでの自分はうそばっかり・・・字と同じで心も汚いけれどきらわないで・・・と泣き出すと先輩は字だけで人を判断したりしないと言ってくれてひなちゃんの字は性格といっしょですっごく元気な字だとほめてくれるのでした・・・あああ・・・なんて恥ずかしいまんが(笑)★★★★


花丸忍法帳(安藤なつ)■新連載■

落ちこぼれ忍者の紅葉ちゃんは(くの一じゃないのね)旗本の就職試験にも落ちてしまった女の子。おじいちゃんは身分の高い家にお仕えして玉のこし・・・を狙っているのですが紅葉ちゃんはりっぱな忍者になりたいのです!そんなとき悪者に追いかけられていた男の子 楓くんを助けたのはいいのですが知らない間に紅葉ちゃんが誘拐犯人にされていて指名手配に!この男の子って寺社奉行の長男だったのです!犯人と間違えられて遠島・・・いや打ち首になるかもしれない・・・って紅葉ちゃんったら冷や汗たらたら〜(笑) 楓くんが紅葉を寺社奉行大伴家の御用達忍者として雇う!と言ってくれたものだからいきなり超エリートコース!(笑)でもぉ・・・楓くんは紅葉にゆくゆくは嫁になれって・・・ちょっと前途多難。きゃはははは、大笑いしちゃったぁ。やっぱり安藤なっちゃんって(そーいえば 私はオレンジジュースのなっちゃんが気に入ってます(笑))ラブコメ上手いですね。★★★★


リリィ&アールのふしぎなお店(高瀬綾)■連載19回■

新学期、夏休みボケのみんなにカツを入れまくっている女の子は早川亜矢子ちゃん。一生懸命笑顔で接しているのになぜかみんなから怖がられてしまい(って眉間にしわがよってるんですって)・・・とうとう大好きな藤沢くんにも言われてしまうのでした。そんなときスイカにてこずっているアールを助けて(笑)リリィから「スマイルコンパクト」をもらうのでした(アイテムばっかりポンポンだしてドラえもんみたいなやつ(笑))。おかげでみんなの前では笑顔になれても好きな人の前ではなかなか意識してしまってうまくいきません。なんか藤沢くんもこわい雰囲気になってきたのです・・・でもそれって・・・亜矢子ちゃんの笑顔が男の子の間でも人気になってライバルが増えてしまったからなんですって!なーんだ相思相愛じゃないかぁぁ!!今回で「しあわせのミニボトル」がいっぱいに!!ふたりは不思議の国へ帰れることになりました。★★★★


天使のたまご(大坪愛生)■最終回■

カルテ4:天使のたまご

門限に遅れちゃう!!いっつもバタバタしている小野寺愛ちゃんと由美ちゃんたちはショッピングから寮へ帰る途中でカップルの女性(洋子ちゃん)が急に腹痛で倒れ込んでしまったのを見かけます。このカップルさんはもうすぐ結婚予定だったのですが洋子ちゃんが胆石になってしまったのです。相手はミュージシャン希望の幹彦くんですが結婚する事を洋子ちゃんの母親は許してくれないのです。洋子ちゃんは一人で苦労して育ててくれたお母さんの結婚記念日に自分たちも結婚しようと思っていたのですが入院してしまったのです・・・あきらめていたところおせっかいな(笑)愛ちゃんが病室で結婚式をやろう!と言い出して・・・(笑)★★★


夏の決心(宮本千裕)■よみきり■

水泳部の長谷川先輩が大好きでいっつもプールサイドの金網にしがみついて応援している米倉沙夜架ちゃんは今日も元気いっぱい!!でも先輩が卒業してしまったら縁が切れてしまいます・・・そのまえになんとかしなければ(笑)。水泳大会に持っていってもらおうと不器用な沙夜架ちゃんは手に刺し傷をたくさん作ってカッパのぬいぐるみをプレゼントするのでした。長谷川先輩の友達 森友先輩にもお守りにってアメを四個あげていたのですが、そのお礼にってチョコをもらっているところを長谷川先輩に見られてしまっておもいっきり誤解されてしまったのです。「ずーっとずーっと長谷川先輩コトだけが好きで・・・」と泣き出して・・・「好き・・・?」自分の完璧な勘違いだとわかった長谷川先輩は後を追っかけて・・・ああああ・・・そこで追いかけちゃぁ沙夜架ちゃんの思うつぼだよねぇ・・・沙夜架ちゃんの心境は「よーしっ 先輩げっとだぜぇぇぇ!」(笑)★★★


前髪5センチ(維泉みへき)■よみきり■

第24回なかよし新人まんが賞準入選

橘空流(くうる)ちゃんはドジで」おちゃめな女の子。一生懸命書いた手紙を渡そうとしたのですがけつまずいてしまってばったり倒れてしまいカバンの中身ばらまいちゃって、好きな人にも笑われてしまったのでもう最悪(笑)そんなところを詰襟の男の子に助けてもらって・・・駅で転んだときもその男の子に手当てしてもらうのでした。うーん怪しい男の子だ!なくしてしまった手紙をもう一度勇気を出して書き上げた空流ちゃん・・・でも彼には彼女がいたのがわかって失恋・・・落ち込んでしまってまたまた駅の階段から落ちそうになったところを紘国元くん(例の男の子)にまたまた助けられ、元くんは空流ちゃんの目がさめるまでずーっとそばにいてくれたのです。元くんは空流ちゃんのドジなところも好きでずっと温かく見守ってくれていたのでした。手当てをするための薬も空流ちゃんのためなんですって!(きゃあきゃあ)空流ちゃんはあこがれではなく本当の恋を見つけられそうです。うーん上手い!!ちょっとタイトルの前髪5センチってのが視線がばれないようにのばしていて、きっとほうがいいよといわれて切って、まあなんていい男(笑)一つ間違うとストーカーっぽいお話なんですが(笑)ふ んわりとした温かさが伝わってはきます。★★★★


十一月号

チムチム・チェリー(あゆみゆい)■連載18■

チェリーはヤマネのデイデイが好き・・・デイデイもチェリーが好き・・・でもそんな時タムタムがやってきて今住んでいる森には餌がすくなくなったので別の森へ行くというのです。それにデイデイもいっしょについてきて欲しいと言うのでした。リズやメグはずっとデイデイに居てもらいたいのですがチェリーは大切なことだからデイデイ自身が選ぶことだというのです(うおおお おとなになったなぁ(笑))。タムタムが迎えに来る日、デイデイはチェリーに頼んで親指姫にしてもらうのでした(か、かわいい!!)。自分の姿では上手く言えないので変身させてもらったのです。「あたしもタムタムといっしょにいきたい・・・っ」盗み聞きしていて動揺するみんな(笑)「でもね あたしココにいたいの いまのあたしのおうちはココだから」・・・ということでデイデイのお家はもとのティーポットです♪★★★★


ファイト!(有沢遼)■連載3回■

女の子らしくなるためにはまず生活空間からお手本に近づけなくては!と真緒ちゃんは女の子らしくてかわいい小枝ちゃんのお家に・・・そこはラブリーでファンタジーでカントリーなピンク色の世界空間だったのです(笑)小枝ちゃんが今度は真緒ちゃんのうちに言ってみたいな・・・なーんておっしゃるものだから(笑)まだ引越後で片づいていないからと断ってしまうのでした。でも岡島櫂くんは真緒ちゃんの家に出入りしていることを知った小枝ちゃんは・・・2人が自分には秘密にしてつきあっていると勘違いしてしまうのでした。そんなある日小枝ちゃんの弟が真緒ちゃんの道場に通っている男の子たちにいじめられていて、さらに自分のことをまちがって女に生まれた・・・とか言われたものだからとうとうプッツンしてしまって(笑)小枝ちゃんの見ている前で足蹴りで板を割ってみせたものだから・・・もう全部小枝ちゃんにはばれちゃいました。小枝ちゃんは空手をやっている今のほうが真緒ちゃんらしいとほめてくれるのでちょっぴり嬉しい真緒ちゃんなのでした。★★★


おでまし!プリンセス(あしざわ深花)■連載2回■

このお坊さん・・・ヴァーブリヒ公の三男コンラートさま・・・だったのですがいとこのリーザロッテ姫も乱入してきて・・・このコンラートって軟弱そうだけど剣を手にすると人格が崩壊して強いの何の(笑)リーザロッテには剣をふりまわしてしまっていてもエミリアちゃんの時はしっかりかばってるんだから、くっつくのも時間の問題よね。★★★


ペンギンパラダイス(水上航)■よみきり■

陸ちゃんあてに叔父さんがプレゼントを持ってきて・・・なかみはペンギン(笑)口では嫌だと言いながらもちゃっかり「銀郎」という名前までつけたのですが、陸ちゃんには銀郎の「帰りたい」という声が聞こえたのでした。犬や猫ならいつも最後まで飼う陸ちゃんですが今回は絶対に海に帰してあげようと決心するのでした。そして叔父さんの調査隊といっしょに銀郎を海に帰すチャンスが巡ってきたのですが、幼なじみの竜飛くんは陸ちゃんが銀郎と別れるときにきっと泣いてしまう・・・陸の泣き顔は見たくないと大事な書類を陸ちゃんに手渡さなかったのです。でも陸ちゃんはたとえ離ればなれでも銀郎が幸せになるために別れるんだから泣かない!と言うのでした。でも・・・銀郎の最後のすりすりに陸ちゃんは泣いてしまうのでした。★★★


花丸忍法帳(安藤なつ)■連載2回■

山吹ちゃん登場!!でも自分は代官どまりなのに落ちこぼれの紅葉ちゃんが寺社奉行と聞いてくやしがっています。でもねぇ・・・実態は楓のお嫁さん候補(笑)なんですが・・・奥様からはじめて頼まれたおつかいです。それを知った山吹ちゃんはおばあさんに変装して邪魔しようとするのですがすべて失敗(笑)とうとう逃げる紅葉を追い詰めるのですが逆に樹から落ちそうになってしまいます。いじわるしたのに紅葉ちゃんはおつかいのお菓子を捨ててまでともだちの山吹ちゃんを助けるのでした。でも大変・・・頼まれていたお菓子はぐちゃぐちゃ・・・奥様に謝ろうとすると・・・お菓子はとっくに届いているというのです。助けてもらった山吹ちゃんがかわりに持ってきてくれたみたいです。★★★


クローバーミラクル(戸川あき)■よみきり■

デビュー後第一作

椿ちゃんはきのう四つ葉のクローバーにあおいくんとなかよしになれますようにとお願いした女の子・・・なのにあおいくんは今日転校してしまったのです。もうクローバーなんか捨ててやる!と思った瞬間、あおいくんが現れて椿ちゃんの手を握りしめて(きゃあきゃあ)・・・お金貸して!って(おいおい)。探していたレコードが見つかったのにお金がたりなかったというのです。いっしょにお弁当を食べて橋の下であまやどりして・・・そしてあおいくんとおしゃべりするのでした。あおいくんは今度が九回目の転校で、みんな自分のこと忘れてしまうんだというのを聞いて椿ちゃんは「あたし わすれないもん」とうとうお別れ・・・あおいくんは買ったばかりのレコードをくれるのでした。椿ちゃんは心の中でクローバーにもうひとつ最後のお願いをするのでした・・・きっと また あおいくんに会わせてね。口笛が上手く吹けるころには・・・あおいくんからクローバーがたくさん入ったお手紙が・・・。編者はこういった淡い感じのお話が好きですねぇ。★★★★


魔刻からの声(藤森幹)■よみきり■

和沙ちゃんは元気いっぱいのおてんば女の子。お母さんから家に代々伝わるお守りを大事に持っているように言われたのですが、気の弱い幼なじみの聖くんが引っ越しするときになんだかいやな気配がしたのでお守りをあげたのでした。それから六年後・・・聖ちゃんは和沙ちゃんの街にもどってきたのですがなんだか冷たい男の子になっていたのでした。それというのも和沙ちゃんのために強い男の子になりたいという願いにつけこんで物の怪がとりついていたのです。護符がはずれて和沙ちゃんを襲ってくる聖ちゃん・・・「わたしが好きなのは昔のままのやさしい聖ちゃんだよ」・・・お守りに入っていた護符の力で聖ちゃんはもとの優しい男の子に戻るのでしたぁぁぁ。ちょっとドジにもどっちゃったけど和沙ちゃんはそんな聖くんの笑顔が大好きなのでした・・・はいはい(笑)★★★


いちばんの奇跡(えぬえけい)■よみきり■

第25回なかよし新人まんが賞入選

相原舞衣ちゃんは超品行方正な生徒会長している女の子・・・でもぉみんなが見ていないところでは「うっしゃぁ」と気合いを入れる女の子(笑)。みんなのイメージをこわさないように気をつけてここまでやりたいことをいっぱい我慢していたのに峰田くんにはしっかり正体がばれてしまっていたのです(笑)もしかしたらバラされるかも・・・舞衣ちゃんったらちょっぴり峰田くんを意識し始めるのでした。峰田が言った「相原さんがそんなことして」いままでは平気だったの・・・なんだか悲しくなって・・・優等生の舞衣ちゃんは「いーちぬーけた」とリレーをボイコットしてひとり高台からみんなを眺めていたら・・・「超クソボケ ドあほう 相原っ!」ぎゃああ 現れたぁぁ 峰田がぁぁぁ!(笑)もうウソの相原さんでいるのはちっともよくなかったからやめるという舞衣ちゃんに峰田くんはよい子の相原も自意識過剰の相原も同じ本物の相原に見えるけどと言ってくれるのでした。峰田はリレーにいくのですが舞衣ちゃんはセーラー服を着がえている暇がありません。リレーは佳境大ヒート!!次の走者は相原のはずですがいません・・・ってセーラー服のままで舞衣ちゃんが「っしゃあっ!」と気合い入れてバトンを受け取り大力走!!ですがコーナーで転倒してしまいます!!「相原!!」と叫ぶ峰田くん。みんなに抜かれてしまって、いままでのバチがあたったんだ・・・みんなごめん・・・峰田ごめん・・・落ち込んでいる舞衣ちゃんの目に人間やめて猛ダッシュして舞衣ちゃんが抜かれた分を抜きかえす峰田くんの姿だったのです!!・・・すげぇぇぇぇ!!さわやかすぎる!ごっつい恥ずかしいぞぉぉ!★★★★★


歩きだそう ここから(藤村香純)■よみきり■

第25回なかよし新人まんが賞準入選

鴫原依子(しぎはらよりこ)ちゃんはちょっと内気な女の子。あこがれの古賀くんの誕生日に手作りのケーキを渡したのですが・・・大変なことになったのです!!まず手紙を入れ忘れたので差出人不明のカップケーキになって・・・で・・・おなかをこわして欠席したというのです(笑)。が、それはデマでたまごアレルギーだったのに作ってくれた人に悪いからと言って食べたというのです(バカぁ)。そんなおバカな古賀くんに依子ちゃんはますますひかれていくのでした。古賀くんに出会ったのは高校の合格発表日に自信がなくて結果を見れなくてうろうろしていた依子ちゃんに「結果をちゃんと見る前にあきらめるなよ」と前向きな姿勢を教えてくれた人だったのです。今度の陸上競技会では古賀くんが千五百メートルを引き受けるのを見て「古賀くん・・・すごい」と思っていたら女子から依子ちゃんは千二百メートル選手に推薦されてしまったのでした。足の早い古賀くんと違って依子ちゃんには自信がありません。古賀くんは自分のペースで走ったらいいよとアドバイスしてくれるのですが「古賀くんみたいになんでもできる人にはわかんない」と言ってしまうのでした。「おれはすくなくとも鴫原みた いにやるまえからあきらめたりしないから」と言われてこんな自分が嫌いになってしまうのでした。最初からあきらめちゃいけない・・・競技会がんばってみよう・・・カップケーキのこともきちんと謝ろう!決心した依子ちゃんはお弁当を作ってきたのですが古賀くんの目の前で落としてしまってぐちゃぐちゃ・・・でも古賀くんは味は変らないよと言って食べてくれるのでした。「ラッキー この弁当卵入ってないじゃん」それを聞いて真っ赤になる依子ちゃん・・・「え?もしかしてこの弁当おれに?」真っ赤っか真っ赤っか「なんか 愛情感じるよな」。くぅぅぅぅ、こんな恥ずかしいことをいうやつなんかいねいよぉぉ!!もぉぉう、乙女ちっく世界のデビュー作ってはずかしいわねぇ。★★★★★