なかぞう

なかよし8月号増刊 なつやすみランド

Morning Glory(秋元奈美)■よみきり■

ミル・フルール番外編まあまあまあ あらあらあら 洋二くんはどーでもいいですけど(笑)高橋さやかちゃんってかわいいわぁ♪あ〜わたしは秋元奈美ちゃん顔に弱い!!★★★


ハムちゅたあの大冒険(いわさきひろむ)■よみきり■

みさきちゃん(十一歳)とハムスターのくりちゃんはいっつもいっしょ。夏休みにみさきちゃんは田舎のおばあちゃんの家に来ているのですが、となりのじーさんの孫 よしや(十一歳)とゆーき(六歳)ともなかよしなのです。そんなときよしやの親戚で大学生のヒロキがかっこいい車できたものだからみさきちゃんはもうメロメロ・・・毎日毎日ヒロキとドライブしていてくりちゃんの世話をしないのです。キレイな洋服を着ているためくりちゃんを抱いてもやらないのです。とうとうくりちゃんが一人(?)で遊んでいるとき、泥沼で猫に追いかけられてしまいます・・・どうしよう!!このままでは と立ち尽くすみさきちゃん!!でもよしやくんは何もためらわずに泥沼に入ってくりちゃんを助け出してくれるのでした。「なんだよ そば寄るとよごれっぞ−」「いいもん! よしやくんなら▽」だってぇだって♪★★★


夏色の図書館(八木ちあき)■よみきり■

小池知世ちゃんは十四歳の夏・・・親友の祐美子ちゃんと同じ人 吉川尚之くんを好きになってしまいました。でも吉川くんも祐美子のことが好きみたいでふたりが両思いになるのは時間の問題・・・その日が知世ちゃんの失恋決定の日。ため息をつきながら高いところの本を取ろうとしてドサドサドサっと本がいっぱい落ちてきてしまったのです。いった〜い・・・どころではなくて倒れこんだはずみに知らない男の子のメガネを踏ん付けて壊してしまったのです。その人は山崎和希くんといって静かな図書館に毎日来ている男の子だったのです。知世ちゃんはメガネを壊したお詫びに毎日コーヒー牛乳をもってくるのでした(笑)でもって宿題や勉強を教えてもらうちゃめっけな知世ちゃんでした。でも知世ちゃんが無理していることを知っていて和希くんが優しく支えてくれるのでした。最近吉川くんたちのことを本気で祝福できるようになってきたのも和希くんのおかげです。和希くんのクラスに行ってみると山崎和希という男の子はそのクラス・・・いや学校には在籍していないことがわかったのです。急いで図書館に行ってみるといつも座っているところに『星の王子さま』と手紙が置いてあったので す。和希くんは静養で親戚のところに来ていて許可を得て図書館を利用させてもらっていたのでした。手紙には知世ちゃんのことが自分にとって「たったひとりのキツネ」になっていたと言ってくれて、図書カードには電話番号が書かれていたのでした。★★★★


365日目のハッピーバースデー(有沢遼)■よみきり■

リエちゃんの誕生日は八月二十九日・・・夏休み終了直前なのでみんなによく忘れられてしまうのです。今日はリエちゃんの誕生日!!東京タワーを観光に関西から来た広瀬清志郎くんと出会って一日東京タワー案内するはめに(笑)今日が誕生日だと知った清志郎くんは売店で東京タワー型の鉛筆削りを買ってリエちゃんにバースデープレゼントしてくれるのでした(東京もんに東京タワーねぇ(笑))そして清志郎くんは来年の八月二十九日にまた会おう!といって別れるのでした。そして一年後・・・リエちゃんは東京タワーの展望台で待っていますが清志郎は現れません「清志郎くんのバーカ・・・」でもぉ 外のタクシー乗り場でずっと人がリエちゃんと同じように待っていたみたいです・・・もしかして・・・いやぁ 清志郎くんだったのです。待ち合わせ場所を2人ともそれぞれが思い違いしていたのでした。「誕生日オメデトウ」おおお!来年は東京の大学を受験ですか!!いいなぁいいなぁ♪★★★


夏休みには金魚すくい(新井葉月)■よみきり■

阿(ほとり)ます美ちゃんは「東京の大学」にいくっていう幼なじみの智兄の事が好きなんです。去年のなつやすみに、「金魚すくいの金魚って大きくなったらなにになると思う?」と智兄にきいてみたのだけど「金魚は金魚だろ?」と夢のない返事をするのでした。来年の夏祭りに帰ってきて金魚をとってくれたら答えを教えてあげる!!そして今年も智兄が約束を守って帰ってきてくれたのです。浴衣を新調して告白しようと気合いの入るます美ちゃん(笑)でもぉ・・・智兄は約束だから・・・帰ってきたのでした。おまけに東京には彼女がいるみたいなのです・・・泣きそうになってしまうます美ちゃん・・・そんなます美ちゃんを後輩の小松くんが「あとはオレ送っていきますから いいですよね」なんか小松ってかっこいい♪ます美ちゃんは智兄に金魚が大きくなったら・・・という意味をとってほしかったのです・・・でも小松がます美ちゃんに金魚を一匹プレゼントするのでした・・・「コイツだったらゼッタイ でっかいコイになりますよ」。翌日ます美ちゃんは智兄を見送りに行って自分の素直な気持ちを伝えると智兄はます美は妹みたいなものだから・・・と言ってくれて心の中で智兄にバイバイすることができたのでした。新しい恋って・・・小松かぁぁ!?(笑)★★★★


ハートの育てかた(宮本千裕)■よみきり■

デビュー後第一作

瀬戸口智巳ちゃんのお家はクリーニング屋さん、一生懸命育てているのは、去年店番をしていて大好きな柏木くんが洗濯物をもってきて(きゃあ)ポケットの中に入っていたフウセンカズラの種だったのです(きゃあきゃあ)。またまた偶然に柏木くんと出会って今度は柏木くんがコーチをしている野球チームの練習を見に行ったり、バッターボックスにたってみたり(おいおい)楽しいひとときが過ごせて思い切って告白してみようと思うようになるのでした。大事に育てていたフウセンカズラを遊びに来ていた幼い絢音ちゃんが全部とっちゃったので怒ってしまったのです。でも小さな子供がしたことに気が付いて我に返った智巳ちゃんは泣きながら家を飛び出したら・・・またまた偶然柏木くんがいたのでした。川原の土手に座って智巳ちゃんは「あの種がとれたらわたし 柏木くんに告白しようって決めて・・・」って本人に言っちゃってるよぉぉん!(笑)なーんだ柏木くんも智巳ちゃんのことが気に入っていて最初っから種を服のポッケに入れておいたんだって・・・相思相愛だったんじゃん、ふん!(笑)★★★★


シークレットサマー(石塚沙織)■よみきり■

こずえちゃんはいっつも幼なじみの四人でなかよしだったのですが、その中でも好きな亮くんが電車で二時間の場所に引っ越してしまうのです。それほど実感がなかったのに引っ越しのお手伝いをしてダンボールが増えるにつれて胸がジリジリと痛むのでした。みんなで最後に花火をしよう!と夜中に待ち合わせ場所に行ってみると亮くんしかいません。砂浜に捨てられていた空き缶に転んでしまったこずえちゃんは空き缶にやつあたりしてそこらへんにある空き缶を拾い出すのでした(なにしてんだか)。しゃーねーなぁと亮くんもつき合ってくれたのでした。こずえちゃんはそんな亮くんが大好きだったのです。告白できないまま朝になってしまいました。とうとう駅のホームでお見送り・・・とうとうこずえちゃんは泣き出してしまいました・・・すると亮くんは自分の帽子をかぶせてくれて「ぜったい会いにくるから!!それまであずけとく」「うん 約束ね」だってだって。そうかぁ・・・これって・・・ノンフィクションかなぁ(笑)沙織ちゃんんお描くヒロインってみんな本人に見えてしまう(笑)きっと夏休みにこういった経験があるんだなぁ、そーだそーだ!!(笑)★★★★
ご本人から「違う!!」とご返事がありましたが・・・むきになって否定するあたりがとっても あやしいです(笑)


恋するリトルキャット(白沢まりも)■よみきり■

あしたから待ちに待った夏休みです!愛果ちゃんはともだちと子猫ちゃんを見つけてみんなで飼うことにしたのです(コトラっている名前なの)。ひとりづつ世話をしなくなって最後には藤沢くんと2人になってしまったのでした。藤沢くんは動物が好きなのだそうです(おおお!藤沢ぁ おまえなかなか見どころある奴だぞぉ わたしも犬わんや猫にゃんは好きだぞ) なんだか藤沢くんといっしょにいるとすごく楽しい気分になれるのでした。コトラがいなくなってしまって愛果ちゃんたちは一生懸命探すのですがどこにもいません。「わたしがいーかげんに世話してたから わたし コトラじゃなくて藤沢くんに会いにきてただけだもん・・・」だってきゃあきゃあ それって告白よ♪★★★★