なかぞう

なかぞう春休み号なかよし四月特大増刊号


COUNT16(早稲田ちえ)■よみきり■

阿部さゆりちゃんは上條征司くんを好きになってしまった女の子。日ごろから上條くんの事が大好きだとおおぴらに言いまくっている女の子…でもでもおさゆりちゃんは上條くんが清水先生に恋をしているということを知っていたのです。上條くんの真剣さにさゆりちゃんはいっつもギャグをかましながらもつらい想いをかくすのでした。そんなある日、清水先生が結婚退職することがきまり…上條くんもそのことを知ってしまいました。上條くんは卒業式の日に先生に告白して第二ボタンも渡してきてすっきりふっきれたとさゆりちゃんに言うのでした。さゆりちゃんは本当に上條のことが好きだったから…だから冗談じゃなくて好きだ!好きだ!と言っていたことや、上條に好きな人がいなくなったんなら別の高校になってもガンガン攻撃しかけて上條くんのファーストキスももらうから!!というと(お〜過激な女の子(笑))上條くんは勢いに負けて楽しみに…してます!だってだってぇ!きゃあきゃあ まあさすが ちえちゃんの純愛物語!元気ありすぎ!★★★


SWEETS(海野つなみ)■よみきり■

青井芙貴子ちゃんはココアが大好きな女の子。ある日自動販売機で間違って買ったコーヒー缶をココア缶と交換してくれて立ち去った古賀くんのことが忘れられません。でも遠くから見てきただけだったのです。友達がラブレターを書いてみたらと言うので試しに書いてみたら…風で飛ばされてしまい偶然にも古賀くんが拾ってしまったのです。それからというものなぜだか古賀くんと目が合うようになってしまいました(笑)それから小テストの採点を手伝ってもらっていっぱい古賀くんとお話がすることができて…見ているだけでもいい…と思っていたはずなのに感極まってふっと涙が流れてしまいました。芙貴子ちゃんはとうとう放課後告白しようと決心しました。古賀くんに手紙を好きな人に渡すことを伝えると、古賀くんは芙貴子ちゃんの腕をつかむので…つい古賀くんの大きな手が好きです…とラブレターの中身を口にしてしまうのでした。芙貴子ちゃんは古賀くんの鷲いた表情を見てその場から逃げ出してしまいました。後を追ってきた古賀くんは、あの手紙が自分宛だったらいいのに…と思っていたのです。そして好きだと言ってくれるのでした。★★★★


きみだけに贈る言葉(岡崎みずき)■よみきり■

野村千鶴ちやんは四月一目生まれで中学三年生、でもって幼なじみの近藤尚人くんは四月二目生まれで中学二年生…ふたりの生まれた日は一日違いなのですが学年は一つ違うのです。もうすぐ千鶴ちゃんが卒業してしまいます。ふたりでいつも一緒にいることがあたりまえだったのですが、卒業を前に先輩の田原くんが千鶴ちゃんに交際を申し込んだのでさあ!たいへん(笑)田原くんが千鶴ちゃんのことをあきらめないと宣戦布告してきたので今まできちんと口に出して気持ちを言えなかった尚人くんはたいへんなことをします。在校生となる尚人くんは送辞で「千鶴が好きだ!」というと(おいおい)答辞で田原くんも「あきらめるしかないじゃないか」…でもって千鶴ちゃんにマイクがわたって「あたしも…尚人のこと大好きです」だってぇぇぇ!!卒業式がむちゃくちやぁぁぁ!!(笑)★★★


デンジャラス・アイ(にしおかさとし)■よみきり■

七種実花(さいくさみか)ちゃんと大島芳(かおる)くんとはケンカ友達!いつつも実花ちゃんは大島くんから目の敵にされていたのです。それも卒業アルバムにはその証拠がいっぱい!実花ちゃんが写っている写真には必ず大島くんが恐い目つきで実花ちゃんの方をにらんでいるのです。それからというもの大島くんは実花ちゃんが呼んでも返事をしてくれなくなったのです。卒業式当日になっても全然しゃべってくれないので大島くんに詰め寄ると…アルバムでにらんでたのではなくて一年間ずーっと実花ちゃんのことを見ていたんですって…あ〜あきれるぅぅ…好きにしてぇぇ!(笑)★★★


迷子のドルフィン(有沢遼)■よみきり■

本当は好きだった貴哉くんと友達のあやえちゃんがくっついてしまってブルーになっていた武田奈月ちやんは…あやえちゃんほど素直になれない女の子でした。そんなとき同じクラスになった吉野くんが現われ…奈月ちやんのまわりをうろうろするのでした。でも吉野くんと一緒にいると…なんだか素直になれるみたいで…全面降伏してもいいかな?なんて思えるようになるのでした。一緒に行った水族館でプレゼントしてもらったイルカのペンダントの片方をプールに落としてしまい、泣きべそかきながら探していると泳げないはずの吉野くんがプールに飛び込んで見つけてくれるのでした。水がコワイはずなのに…どうして?それは「愛のチカラ」だって!きゃあきゃあ!★★★


負けないもんっ!(あしざわ深花)■よみきり■

ちっちゃい緑松河原紫綺ちゃんは背の高い転入生の山村陽くんにひとめぼれしてしまいました。でもでも紫綺ちゃんは短気な上にあまのじゃくで素直じゃない女の子(おいおい)陽くんはちょっぴり足をひきずっているみたいです。実は前の学校ではハイジャンプの選手で記録保持者だったのですが、じん帯を切ってしまい選手生命が絶望になったためこの学校に転入してきたのです!今でも陽くんは未練があるようですが、身長が低くていっつも高跳びを嫌っている紫綺ちゃんと同じだよ!と言うのです。もう一度がんばってほしいと思った紫綺ちゃんは今までの自分も逃げていたことに気がついて、一生懸命ハイジャンプの練習をするのでした。その様子をずっと見ていた陽くんは、またがんばってみようかな?と言ってくれるのでした。紫綺ちゃんの大キライと言う逆の言葉が通じたみたい…★★★★


はじめてのおるすばん(たておか夏希)■よみきり■

ある日、あきちゃんはぬいぐるみのうーちゃんとふたりでお留守番することになりました。ママから誰かがきてもぜったいドアを開けてはいけないと言われていました。でもひとりぼっちでさみしかったあきちゃんはドアのチャイムがなったのでてっきりママが帰ってきたと思いドアをあけると、そこには見たことのない男の子が立っていたのです。くんちゃんと言うその男の子に温かいミルクをごちそうしようとして、だいじなうーちゃんの耳をこがしてしまいました。するとくんちゃんは不思議な力でなおしてくれたのです。帰ってきたママにくんちゃんのことを話すといっしょにケーキを食べようと言ってくれました…でもくんちゃんはもういませんでした。…庭には一本のツクシが生えていたのです。★★★


おまじないのススメ(大石あきら)■よみきり■

江崎ゆりちゃんは彼氏を見つけることができるというジンクスのある高校へ入学しました。でも中学生のころの悪友 修平も同じ高校だったのです!でもゆりちゃんは二年の北野先輩という運命の人を見つけます。好きな人の写真を生徒手帳に入れておくと恋が成就するというおまじないがあるので写真を撮ると…修平も写ってしまいました。先輩に誤解されては困るので修平に話しかけないでとゆりちゃんは言うのでした。約東通り修平はゆりちゃんに話しかけなくなり、ゆりちゃんはちょっぴりがつかりしたりするのでした。先輩が別の女の子の写真を生徒手帳に入れていることを知って失恋してしまったゆりちゃんは知らない間に修平のことがだんだん気になっていくのでした。★★


素顔の気持ちで(桃木毎実)■よみきり■

君夜ちゃんのお父さんは刑事で、お母さんが病気で亡くなった時も捜査があってそばにいてあげられなかったのです。君夜ちゃんはお母さんから、お父さんのことを憎んじゃだめよ、と言われていたので本当は自分の気持ちを押し殺していました。そんなある日君夜ちゃんは死にかけていたロックという犬を助けて家で飼う事になりました。ロックは優秀な麻薬犬で組織から殺されてしまいそうになったところを君夜ちゃんに助けてもらったのです。でも組織の悪い人が君夜ちゃんをさらってしまったのでした。お母さんは助けられなかったけども娘は助けたいと決心したお父さんはロックと一緒に君夜ちゃんを助け出しにいくのでした。★


あいつになった日(英洋子)■よみきり■

りさちゃんとたくやくんはお隣同士のおさななじみ。ある日…りさちゃんとたくやくんのからだが入れ替わっちゃったのぉ!(おいおい)りさちゃんとたくやくんはからだを交換することでおたがいの優しさや思いやりを知ることができるのでした…英洋子ちゃんといえば、やっぱ・…リンちゃぁぁぁぁっぁっぁあん!!(笑)(編者はレディレディ!!のリンちゃんが大好きらしいのです)★


あしたは笑顔(はせがわようこ)■よみきり■

陸上部の中本典代はグランドに落ちていた汚い靴ひもを焼却場へ捨ててきました。そこに道下先輩があわててやってきました。典代ちゃんが捨ててきたというとその先輩は典代ちゃんをおもいっきり平手打ちされて、ゆるさへん!と言うのでした。その靴ひもというのは好きな人の思い出の品だったのです。それからというもの無視されたり、典代ちゃんだけ厳しく注意されたり…絶えられなくなってきた典代ちゃんは泣きながらもう陸上部をやめたいと思い始めるのでした。男の子の板野先輩がそんな典代ちゃんを見て、なにもせんと泣いてるだけなんやったら…と言うのを聞いて、自分からはなにもせずにただ待っていたことに気がつくのでした。がんばりやの典代ちゃんは道下先輩に一生懸命謝ると、自分との百メートル走に勝ったら許してあげると言ってくれるのでした。以前道下先輩に言われていたことに注意しながら全力で走ったのですが道下先輩には結局勝てませんでしたが、先輩はタイムがあがったね、と誉めてくれるのでした。はせがわようこちゃんは読ませてくれますね!★★★★


未来は手のなか(田中美穂子)■よみきり■

服をつくるのが大好きな未来ちゃん。みんなは洋服のブランドやお店のはなしで盛り上がったりするので手作り派の未来ちゃんは話に入りづらいし…自分が服を作っていることはクラスのみんなには内緒です。クラスメイトの森永くんは未来ちゃんがよく行く手芸店の息子さんなので未来ちゃんの服の柄に気がついてくれて話をするようになりました。フリル系が大好きなミキちゃんが未来ちゃんの服はどこで売っているのか聞いてきたので…隠していてもいずれはばれると思い自分で縫っていると言うとミキちゃんたちはすごいと誉めてくれるのでした。でもクラスのほかの子がひそひそ話をしているのを聞いて、いままで作っていた服もほかの人からみたら変に見えていたのかな?と思い、もう服は作らずにお店で売っている服を着ることにしたのです!綺麗な服を着てはいてもなにかむなしさを感じる未来ちゃん…ぼーっと歩いていると森永くんの手芸店に来ていました。やっぱり新しい布をさわっているだけで楽しい気分になれる未来ちゃん!森永くんが、買った服でも作った服でも自分が着たい服で似合っていればそれでいいんだよ!と言ってもらって、いままでのもやもやな気分がふっとんだのでし た。お礼に森永くんの服を作ってあげて、未来ちゃんとペアルックですって!きゃあきゃあ!!★★★


NEVER GIVE UP!(水上航)■よみきり■

第21回なかよし新人まんが賞入選

魚住秀子ちゃんは医大を目指す成績優秀な女の子!ある日先生に頼まれてクラスメイトの生野くんの家に伝言を届けにきました。生野くんの家は乗馬クラブで、ついでに馬に乗せてもらったのです!ちょっとした気分転換になった秀子ちゃんはそれから生野くんの馬のムサシに会いに行くようになりました。生野くんは北海道の実家を継ぐためにムサシと一緒に障害飛越に挑戦するというのです!それを聞いて秀子ちゃんはいままで両親やまわりからの期待で医大を目指していたこと…まわりの期待が大きすぎて苦しい思いをしていたことや生野くんみたいに輝いてはいないことに気がつくのでした。あまりにも調整を急ぎすぎたためムサシは体を壊してしまい北海道に帰ってしまう事になり、秀子ちゃんは決心するのでした!両親の夢である医大はあきらめて、生野くんとムサシがいる北海道の獣医学部を受験するというのです!★★


は〜い おやつですよ!(かなしろにゃんこ)■よみきり■

第21回なかよし新人まんが賞準入選

まどかちゃんはめがねをかけた秀一くんが大好き!だって…秀一くんって眼鏡をはずすと絶世の美男子なんです!(笑)このことを知っているのはまどかちやんだけ!(おいおい)ところがお金持ちの静香ちゃんに秀一くんが美男子だとばれてしまい、秀一くんの喜ぶ研究設備をを用意したものだから秀一くんは家へ帰ってきません。まどかちゃんは秀一に帰ってもらおうと一生懸命お菓子を作って食べてもらうのでした。秀一くんは、まずい・・・けれどまどかちゃんの作ったお菓子は飽きないでたべられるんだ!な〜んて言ってくれて…はいはい しあわせね!勝手にやって勝手にやって!爆笑コメディ!!★★


A little summer days(白沢まりも)■よみきり■

第21回なかよし新人まんが賞準入選

美紀ちやんは約一年と四カ月ぶりに髪の毛を切りました。美紀ちゃんは悠木先輩が好きで告白しようと思っていたのですが小夏さんとつき合い始めたので失恋してしまったのです。美紀ちゃんには幼なじみの達郎くんがいて中学卒業のときに告白されていたのです。そんな達郎くんにも告白する女の子がいたのですが、達郎くんは好きな子がいると言って(美紀ちゃんのことね)きっぱり断ったのでした。それを聞いた美紀ちゃんは、その断られた女の子がどんな思いで告白したのか…達郎のそばにいる自分がどう見えたのか…そう思うと自分は?と思うのでした。美紀ちゃんは悠木先輩にいままで先輩のことが好きだったことを告げるのでした。なんだか気持ちがかるくなった美紀ちゃんは…いつもそばにいてくれた達郎くんのことを自分で思っていたよりもずっと必要としているかもしれないと気づきはじめるのでした。おおおおお!準入選ですがぁわたしはこういったお話は…大好きです!(笑)がんばって欲しいですね。★★★★