りぼんびっくり大増刊号

1995年度 乙女ちっく少女まんがピックアップ

りぼん秋のびっくり大増刊号

平成7年11月20日発行

21時のサンドウイッチ(長谷川潤) ■よみきり■

元気な女子高生、都名ちゃんはどうしてもかなえたい願いがある女の子。本当はいとこの沙月くんと一緒にいたいのですが彼には蜜子さんという彼女がいるのです。ほんとうはふたりとも思い合っているのですが、蜜子さんの腕には沙月くんが中学三年の頃に自転車事故で傷つけた後が残っていたのです。優しい沙月くんは蜜子さんのそばに一生涯いてあげる決心をしていて、都名ちゃんはただの妹のような存在だというのです。でもぉ本当は妹なんかじゃない・・・一番抱きしめたい女の子だといってくれるのでした。★★


最高のフィナーレ(川原靖子) ■よみきり■

里菜ちゃんは大地くんに出逢って告白してから付き合っている女の子。大地くんには同じバレー部で親友の村山くんがいました。今度の引退試合がふたりの最後の試合です。そんなとき大地くんは足をねんざしてしまい、それに気がついた里菜ちゃんに口止めするのでした。でも村山くんが足のねんざを知っていたためてっきり里菜ちゃんが喋ったと思い里菜ちゃんを責めるのでした。大地くんに信用されていないと思った里菜ちゃんは落ち込んでしまいます。村山くんはいっそのこと大地くんと別れて自分と付き合わないかと言うのです・・・ ★


お姫さまの恋ごころ(葉月みどり) ■よみきり■

篠崎由利ちゃんは美人でスタイル抜群で成績優秀、ちょっぴり気取っている完ぺきな十六歳の女の子。でもぉそんな完ぺき由利ちゃんも高野くんの事が大好きで、彼の前ではドジばっかり。でもようやく今度の日曜日に遊園地に誘われました。やったぁぁ!高野くんと初デートです・・・が・・・デートのしかたがわかりません。せっかくのデート日和・・・でもドジばっかり、おまけに緊張のための寝不足で高野くんの前でへまばっかりしてしまいます。高野くんはきっとミス南校の由利ちゃんが自分と一緒じゃつまんないのだろうと言うのでした。由利ちゃんは帰ろうとする高野くんに、かっこいい女に見てもらいたかった・・・高野くんに好きになってもらいたかったと告白すると、高野くんは由利ちゃんのことを見栄っ張りでドジだけどまじめなかわいい女の子だと言ってくれるのでした。★★★★


恋はヘビー級(田辺真由美) ■よみきり■

玲奈ちゃん・・・かわいいのに・・・かわいいのに・・・でもぉこの子・・・究極のしあわせ太りする女の子(笑)。ちょっとでも「しあわせぇぇ」なんて感じるとボムっと太ってしまうんです。か、かわいいのにぃぃ・・・(笑) ★


あなたのそばで(朱木ツナ) ■よみきり■

比奈ちゃんには剛志くんという仲のいい友達がいました。でも剛志は比奈ちゃんの親友で男の子にモテモテの美穂子ちゃんが好きみたいです。いままで剛志くんにはお世話になっていたので比奈ちゃんは剛志を紹介してあげます。でもなんだか寂しいキモチになるのでした。剛志くんが今度美穂子ちゃんに告白すると聞いて、比奈ちゃんは自分が剛志くんのことを好きだと気づきます。でも美穂子ちゃんには好きな人から告白されて彼氏ができていたのです。剛志くんはあきらめきれずに比奈ちゃんに応援して欲しいと頼みます。小さく肩をふるわせながら比奈ちゃんは自分の好きな人の恋を応援なんかできない!と告白してしまうのでした。比奈ちゃんと剛志くんが気まずくなって眼を合わせなくなっていました。でも剛志くんも比奈ちゃんの存在が大きいことに気づきはじめました。新しい恋はこれからですね。★


すこしだけロマンチック(青柳ちふゆ) ■よみきり■

松本ちよみちゃんとたつみくんのふたりは交際しているんです。でもまだデートをしたことはありません。友達の沙紀ちゃんからまるで幼稚園児の恋みたいだと言われてしまいます。そんなときちよみちゃんは高等部の茅ヶ谷さんから交際を申し込まれました。初めてのたつみくんとデートの待ち合わせにすっぽかされたちよみちゃんは茅ヶ谷さんと偶然あってデートをすることにしました。あたりが暗くなりかけてきた頃茅ヶ谷さんはちよみちゃんにキスしようと迫ってきました。逃げ出してきたちよみちゃんはたつみくんとの待ち合わせ場所に戻ってみるとたつみくんがずっと待っていてくれたのです。待ち合わせ時間に遅れたのは、犬のロッキーがおなかをこわしてしまい病院に連れて行っていたからだったのです。たつみくんは今日がいつみちゃんの誕生日だと覚えていてくれて大きな花束をくれるのでした。あわてずにゆっくりと恋をはぐくんでいけたらいいですね。ちふゆちゃんのほんわりとあたたかい恋物語がいいですね。★★★★


いいひとだから(西岡ちえ) ■よみきり■

鈴木真奈ちゃんは入試の時に井上徹くんのことを一目ぼれしてしまいました。同じ名字の鈴木くんは井上くんの友達で、真奈ちゃんの事を応援してあげると言ってくれます。鈴木くんのおかげで引っ込み思案の真奈ちゃんも井上くんとお話できるようになってきました。勇気を出して映画に誘ってみようと真奈ちゃんが決心するのですが、井上くんから幼なじみの久美子ちゃんと映画にいきたいのだけど・・・と逆に相談されてしまいます。好きな人が幸せであって欲しいと思った真奈ちゃんは、井上くんを力いっぱい励まして失恋してしまうのでした。そんな真奈ちゃんを今まで支えてくれたのは・・・鈴木くんだったのです。真奈ちゃんは鈴木くんがとってもいい人だと気づくのでした。鈴木くんは同じ入試のときから真奈ちゃんのことをかわいい女の子だと騒いでいたんですって!いい人・・・から始まる恋があるかもしれませんね。★★★★


オブラート(あいざわ遥) ■よみきり■

奈良岡くんは藤吉その子ちゃんの事が好きみたいです。でも最近その子ちゃんは奈良岡くんを嫌っているみたいです。それは奈良岡くんが転校してしまうと知ってからだったのです。転校をきっかけに別れを決心して、なんでもいいから一人でがんばってみようと無理をしていたのです。でも奈良岡くんはその子ちゃんに断ち切る努力をするくらいだったら続ける努力をしよう!と励ましてくれるのでした。★★★


秋の日はいっしょに(倉島こず枝) ■よみきり■

中島まゆこちゃんは小沢純一くんが大好きな女の子。ハチマキに好きな人の名前を書いてリボン結びにしておくと願いがかなうおまじないがあるのです。まゆこちゃんはハチマキに純一くんの名前を書いているところを見られてしまいますが、純一くんはくだらないって言うのでした。でもおまじないの効果なのでしょうか・・・まゆこちゃんは純一くんと二人三脚競争をすることになってドキドキしています。緊張して寝不足だったまゆこちゃんは競技中に気を失ってしまいます。純一くんはまゆこちゃんを抱き抱えて保健室へ連れて行くとハチマキに自分の名前が書かれているのを見つけるのでした。純一くんも実は真由子ちゃんのことが好きで体育委員に頼んでまゆこちゃんとペアになるようにと頼んだと言うのです。ハチマキのおまじないが効いたのかもしれませんね。★★★★


誰かが君を愛してる(斉藤順子) ■よみきり■

須藤ユキちゃんは芳成くんのことが好きな女の子です。芳成くんはクールな感じでかっこいいと思われているみたいで、よく女の子から告白されたりするのです。でも・・・実は芳成くんは大ぼけののんびり屋さんだったのです。芳成くんが恋愛とかそういった対象じゃないと言っているところを偶然立ち聞きしてしまいました。ショックでユキちゃんは元気がありません。でもでも実は芳成くんのほうこそユキちゃんを好きだったのですが、てっきりユキちゃんが自分のことなんかなんとも思っていないと思い込んでいたそうなのです。はいはい・・・お幸せにね。★★★


瞳に伝えて(佐伯茜) ■よみきり■

里佳ちゃんは気がつくと相模くんの背中を見てきました。里佳ちゃんは相模くんのことが好きだったのです。相模くんは自分をあまり表現しない、それでいて相手のキモチを深く考え込む男の子だったのです。ことばなんかじゃなくって想い合う2人だけに伝わるものがある・・・相手の心が言葉なしに伝わる瞬間がある・・・あなたの瞳にあたしが映る・・・。しえぇぇぇぇぇぇ わたしには難しすぎます(笑) ともあれハッピーエンドだし・・・里佳ちゃん、かわいい!(笑) ★


ずきん 〜胸が痛むのは 〜(清水裕美) ■よみきり■

綾美ちゃんは走馬くんと平気で話ができる女の子です。走馬くんって無愛想ですがとっても親切な男の子なんです。綾美ちゃんは文芸部で詩のコンクールに応募していました。友達の史ちゃんが特選に選ばれたと聞いて綾美ちゃんは胸に「ずきん」と痛みを感じるのでした。そんな自分の汚いキモチを知った綾美ちゃんはもう自分には詩なんか書けないと落ち込んでいました。そこへ走馬くんが拾った綾美ちゃんの詩のメモ書きを手渡しながら、綾美ちゃんの詩をよんで元気になれたんだと言って励ましてくれたのでした。そして嫉妬するというキモチは向上心からなんだと教えてくれたのです。綾美ちゃんの中にあった嫉妬するキモチが「詩が大好き」というキモチに変わっていくのでした。それに・・・今度は走馬くんのことでドキドキが止まらなくなりそうな綾美ちゃんでした。ひゅーひゅー!(笑) ★★★


彼に伝えたい(守樹りこ) ■よみきり■

小山くんが突然織原文香ちゃんの友達津村聡子ちゃんに好きな人がいるかどうか尋ねてきたのです。文香ちゃんは・・・小山くんの事が前からずっと好きだったのでショックです。聡子ちゃんも小山くんに視線を向けているように感じとった文香ちゃんは、ふたりのためだったら自分が身をひいても・・・と頭ではわかってはいても悲しくなるのでした。実は小山くんは友達の笠屋くんが聡子ちゃんのことを好きだから情報を集めていたというのです。心配していた聡子ちゃんも笠屋くんに視線をおくっていたのでした。ほっと一安心する文香ちゃんの目の前に座った小山くんは、おまえの好きな奴は誰?と聞いてくれたので思い切って小山くんを指さすのでした。恋するキモチは切ない・・・ですね。★★★