なかよし

1995年度 乙女ちっく少女まんがピックアップ


八月号

アルバイトKIDS GO!(高瀬綾) ■新連載■

朝倉かりんちゃんは独り暮らしがしたい十四歳の女の子。だってかりんちゃんのお兄ちゃん朝倉恭一は有名タレントですごいシスコンなのです。両親が亡くなってから九年間もお兄ちゃんが育ててくれたのです。お兄ちゃんには恋人だっているのだから今からバイトで貯金をして高校生になったら独り暮らしをしようと決心するのでした。いろいろとバイト先を探すかりんちゃんですが、中学生を雇ってくれるところはありません。やっとのことでバーガーショップに中学生だということがばれずに雇ってもらえることになったのですが、そこに一緒に雇われることになった家出少年(?)がかりんちゃんのマンションの屋上に住み着くことになってしまったようです。あいかわらず女の子がかわいいのなんの(笑)★


怪盗セイント・テール(立川恵) ■連載10回■

芽美ちゃんのことを疑っている高宮リナちゃんがアスカJr.とカケをしていることを知ります。そのカケとは、羽丘芽美がセイント・テールと同一人物だったら高宮リナちゃんとアスカJr.が交際するというものなのです。それを知って芽美ちゃんはぷんぷんのカンカン(笑)。今度は宝石を盗みに入るのですが暗やみの中でアスカJr.が倒れているのを見つけて芽美ちゃんはオロオロしてしまいます。実はセイント・テールを捕まえるためにアスカJr.に変装していたリナちゃんだったのです。芽美ちゃんはマジックでさっき眠らせた警察のおじさんを身代わりにすると無事宝石を盗み出しました。残されたリナちゃんとアスカJr.はセイント・テールの正体が女装趣味のおっさんだと思い・・・がっくりきてしまいます(笑)。アスカJr.をこっそり呼び出したセイント・テールは、もしカケに勝ったらリナちゃんがクラスメイトの羽丘のことを追い回さないということを知ってなんだか嬉しくなるのでした。でもぉアスカJr.の頭の中はセイント・テールのことでいっぱいなのです。芽美ちゃんの恋はまだまだ前途多難なんですねっ♪★★★


九月号

まぼろし谷のねんねこ姫(ふくやまけいこ) ■連載10回■

今日は中秋の名月で月見をしながらおだんごを食べる日なのです。ねんねこちゃんはさくら公園の池でとってもきれいなものを見せてくれると言うので、里穂ちゃんは楽しみです。ねんねこちゃんがよびだし鏡を水面におくと月の光に照らされて月に住んでいるぴょんぴょこ姫ちゃんがあらわれました。ぴょんぴょこ姫ちゃんはねんねこちゃんが里穂ちゃんのことがいちばんなかよしの友達だと聞いて嫉妬してしまい、月に帰ると言い出すのでした。平次くんが仕掛けたワナのためによびだし鏡が割れてしまい、このままでは月に帰れなくなります。鏡を戻すには「キラホウ」という金色の草が必要だと言うので里穂ちゃんたちは一生懸命探すのでした。結局こがね丸が持っていたおさがしヤンマで「キラホウ」が里穂ちゃんの家にあるのを見つけるのでした。ぴょんぴょこちゃんもみんなが一生懸命探してくれことを嬉しく思いねんねこちゃんとも仲直りして月の世界に戻ったのでした。すごぉい!さすがぁ!この20ページに圧縮されたふくやまワールド、おそるべし(笑)★★★★★


十月号

怪盗セイント・テール(立川恵) ■連載12回■

もうすぐ聖ポーリア学院の学院祭です。芽美ちゃんのクラスでは好きな男の子のロッカーの鍵を屋上の金網にかけておくとダンスパーティーに誘ってもらえるというおまじないで盛り上がっています。芽美ちゃんはアスカjr.がもう誰かに鍵を渡したのではないかと気になって仕方ありません(笑)。さて今回の依頼は、友達に頼まれて男の子から鍵をもらっているところを写真部の沢渡くんに写されてしまった女の子が自分には別に好きな男の子がいるのでフィルムを取り返して欲しいというものです。しかし偶然にもフィルムはアスカJr.のロッカーに入ってしまいました。変身したセイント・テールにとってロッカーの中にあるフィルムを取り出す事なんか簡単なことですが、やっぱり恋する女の子!アスカJr.の鍵がとっても欲しくなり、無理やりもらって屋上の金網にかけて大満足!芽美ちゃんの姿にもどったところへ男の子がダンスの相手を申し込んできました。困っている芽美ちゃんの手をつかんで助けてくれたのはアスカJr.だったのです。どうやらおまじないは効果があったようですね!やっぱり芽美ちゃんのはにかんでいる姿がかわいいですねっ!★★★★


まぼろし谷のねんねこ姫(ふくやまけいこ) ■連載11回■

里穂ちゃん一家は葉桜山に栗ひろいに行くことになりましたが・・・ねんねこちゃんはいきたくないと言い出します。ねんねこちゃんは小さかった頃に海へ行ってウニにさされてからトゲトゲしたものが苦手になってしまったのです。教育係の竹光さんがそんなことではりっぱなお姫様にはなれないと言うのを聞いてねんねこちゃんは苦手を克服するために行くことを決心します。楽しみにしていた栗林には栗が1つもありません。ネズミさん達が犯人だとわかったのは束の間、里穂ちゃんがネズミさん達に捕まってしまいねんねこちゃんに助けを求めるのでした。とっても恐がっていたねんねこちゃんも勇気を出して立ち向かうと、あらあら不思議なことにねんねこちゃんのしっぽが、ぽぽーんと大きくなってイガイガの攻撃から身を守りながら里穂ちゃん達を無事助けることができたのです。ねんねこちゃんのお母さんもピンチのときはしっぽがふくらんでカツブシ城をオバケから守ったというのです。ねんねこちゃんもちょっぴり成長した、という事らしいです♪里穂ちゃんはかわいい!それにネコにしておくのはもったいないほどねんねこちゃんもかわいい!★★★★★


十一月号

怪盗セイント・テール(立川恵) ■連載13回■

今回は十七世紀に作られたローザ王女の鏡が盗まれてしまい、それを取り返してもらいたいという神様への祈りがありました。でもその鏡には本当の自分を映し出すという言い伝えのある鏡だったのです。鏡のオークション会場に乗り込んで目つぶしの光りの中、セイント・テールは鏡を取りに行くと、鏡には芽美ちゃんの姿が映っているではないですか。そして鏡に映った芽美ちゃんの姿をアスカJr.に見られてしまい、疑いはじめたアスカJr.は芽美ちゃんにオークション会場にいなかったかとたずねるのでした。芽美ちゃんってアスカJr.があんまりにもセイント・テールのことだけを気にしているものだから自分の事を見て!見て!って言い出しそうになったりしてかわいいですね。そこのところが立川ワールドなのかも知れません。★★★


ようこそ!微笑寮へ(あゆみゆい) ■連載21回■

鈴ヶ丘美笛ちゃんのドラマ出演が決まったもののお固い舎監の先生が反対しています。悟から美笛ちゃんが落とした退学届を手渡された麻琴ちゃん達は退学を思い留まってもらうのと応援するため撮影があるというテレビ局までやってきました。でも美笛ちゃんは不良役で台詞も「おぼえてやがれ」の一言だけだったのです。みんなの前ではおもいっきり強がっていた美笛ちゃんに誠くんは今の悔しさをバネにしたらいいと励ますのでした。麻琴ちゃんは誠くんが美笛ちゃんに優しくするのを見てちょっぴり不安で複雑な心境になってしまいます。そんな麻琴ちゃんの手を誠くんがやさしくつないでくれるのでした・・・あ・・・勝手にしろぉぉぉ!羨ましいぞぉ!(笑)★★


バージン・ショック(早稲田ちえ) ■よみきり■

草薙夏緒ちゃんは十六歳の女の子。数学の先生で二十三歳の塚原裕貴のことを好きになってしまいました。勇気を出して告白したものの子供扱いされてしまって、せっかくの告白は完全に無視されてしまっています。いつもだったらもっとやんわりとかわしている先生も夏緒ちゃんには容赦無く冷たくあたっているみたいなのです。どうやっても先生のことを好きだということが忘れられない夏緒ちゃんは先生の胸ぐらをつかんで泣き出してしまいます。夏緒ちゃんのことを気にかけていたからこそ冷たい仕打ちをしていた先生も心臓をわしづかみされたと言って落ちてしまったのでした。先生と生徒・・・もしもばれたら二人で逃げる!な〜んて言ってくれるのです(笑)。結局、先生が夏緒ちゃんにOKを出してしまったのかよくわかんないんですけどぉ・・・あっ、それがハッピーエンド物語ですって?はいはい愛し合う二人は幸せよねぇぇ!(笑)★★


まぼろし谷のねんねこ姫(ふくやまけいこ) ■連載12回■

今回は竹光さんがこがね丸をまぼろし谷へ連れて帰ろうとします。でもねんねこ姫さまが悲しがって反対するのではないかと心配でした。そんなとき、里穂ちゃんとねんねこちゃんはカンカンに怒っていました。真帆おにいちゃんとこがね丸がふたりのケーキにのっているイチゴを食べてしまったからなのです。ねんねこちゃんが、こがね丸なんかまぼろし谷へ帰ってしまえばいいニャー!と言ってしまったところを聞かれてしまい、こがね丸を連れて帰ってしまおうとします。なんとか思いとどまってもらおうと暦原まできたものの名案が浮かびません。里穂ちゃんへのおみやげにイチゴを摘んでいるとき、クジナメに竹光さんが食べられてしまったのでさあたいへんです。みんなで助けようと追いかけてきてみると竹光さんは見つかったもののすっかり記憶を忘れて怠け者になっていたのです。どうやら誤って「ものわすれミョウガ」を食べてしまったようなのです。やっぱりこがね丸を連れ帰ろうとする竹光さんにこがね丸はものわすれミョウガの小片を食べさせて、こがね丸を連れて帰ることだけを忘れさせることができました。これでこがね丸ともずっと一緒に里穂ちゃんの家にいられるのでとっても 嬉しいねんねこちゃんでした。★★★★★


アルバイトKIDS GO!(高瀬綾) ■連載4回■

連城出(いずる)くんが家出した理由は、義母である利恵さんのことを好きだったことが原因で父親と喧嘩したからだったのでした。やっぱり利恵さんのことが好きだと思い詰めている出くんをみていてかりんちゃんは利恵さんにしっとしている自分に気づくのでした。出くんのことを好きになってしまったかりんちゃんは利恵さんへの想いをたたっ切って自分の方にふりむかせようと燃え上がります(笑)。でもそんなとき、このお店でTVのロケをすることが決まって・・・それも朝倉恭一おにいちゃんがやってくるというのです。このままでは隠れて出くんとアルバイトしていることがばれてしまいます。きゃぁぁ!なんとかしなくっちゃぁぁぁ!★★


十二月号

ようこそ!微笑寮へ(あゆみゆい) ■連載22回■

麻琴ちゃんと美笛ちゃんに対する学園側の強攻策として二人を今のクラスから変えてしまいました。学長室に呼び出された誠は学校という場所が単に勉強の場だけではなく友達を大切に思うことや恋や夢を学ぶところだと主張します。学長室の外で聞いていた美笛ちゃんや麻琴ちゃん達も飛び込んできて自分達を信じて欲しいと訴えるのでした。学長は麻琴ちゃんたちがこれからどのように変わっていくのかによって規則を見直してもいいと言ってくれるのでした。桜中学金八先生!(笑)。★


アルバイトKIDS GO!(高瀬綾) ■連載5回■

お店に来た恭一おにいちゃんは連城くんを見つけてしまい大喧嘩になってしまいます。おにいちゃんから頭ごなしに怒られたかりんちゃんは家出して店長の家に転がり込みます。かりんちゃんは扉一枚隔てて連城くんと一緒にいられるのでちょっぴりラッキー。そんなとき優しくしてくれていた保科チーフからかりんちゃんのことが好きなので付き合って欲しいと申し込まれ、それを連城に聞かれてしまいます。誤解されそうになったかりんちゃんは自分が好きなのは連城くんだと告白するのでした。おおおお!なんだかちょっぴりもりあがってきたかなぁぁぁと思ったら次回で最終回ですって!★★


フェアリー・クリスマス(八木ちあき) ■よみきり■

奈央ちゃんと健ちゃん(健太)は幼なじみ。六歳の頃は健ちゃんの部屋でなかよくクリスマスを祝っていたのに最近ではちっとも話をしてくれず、昔のようになかよしに戻れたら・・・と悩む奈央ちゃんの目の前に冬の妖精えるちゃんがあらわれます。えるちゃんは奈央ちゃんにしか姿が見えないはずなのに学校に付いてきてしまったえるちゃんを健ちゃんは見えるみたいです。実は健ちゃんが返事をしてくれなかったのはみんなの前で健ちゃんと呼ばれて恥ずかしかったからなのでした。健ちゃんは奈央ちゃんに謝る切っ掛けを探していたのです。えるちゃんがやってきたのは八年前に奈央ちゃんと健ちゃんがクリスマスを祝っているときにえるちゃんと出逢ってキャンデーとクマの飾り物をプレゼントした事があったのです。そのお礼にもう一度二人とクリスマスイブをすごすためにやってきたと言うのです。えるちゃんのおかげで奈央ちゃんと健ちゃんはなかよしに戻ることができました。めでたしめでたし。★★★


まぼろし谷のねんねこ姫(ふくやまけいこ) ■連載13回■

クリスマスがもうすぐです。ねんねこちゃんとこがね丸には初めてのクリスマスで、切っていないケーキも食べられると知って大喜びです。夜おトイレに行ったねんねこちゃんは偶然クリスマスの妖精スノボールを捕まえました。スノボールはよい子と悪い子を区別するノートを付け、それをもとにサンタさんがプレゼントを決めるというのです。もしも悪い子だったら「割ばし」しかもらえないそうです。それにスノボールのことを人に話したりしたら一生プレゼントがもらえないというのです。ねんねこちゃんは一生懸命よい子にしていようとおつかいに行ったりするのですが、里穂ちゃんはねんねこちゃんに隠し事をしているみたいです。大好きな里穂ちゃんが自分に嘘をついていると知ってかなしくなるのでした。でもぉ里穂ちゃんはねんねこちゃんに手作りのクリスマスプレゼントを内緒で作ってくれていたのです。ねんねこちゃんはついついスノーボールのことを話してしまい、一生プレゼントをもらえないと思って泣き出してしまいました。でもぉ心配することはありません。そんなねんねこちゃんや里穂ちゃんの優しい気持ちに免じてプレゼントをそっと置いていってくれたのでした。よかった ですねっ。きゃあきゃあ、これよこれぇぇ!根強いファンがいるのがわかります。★★★★★