ちなりっこ倶楽部へようこそ

このサイトはMASAMI KUN(管理人:メールはmasami@yoiko.to)が個人的に運営する ちゃお・なかよし・りぼんの本来の読者向けコミュニケーションサイトです。
基本的には子供向けサイトですが、成人した(元)読者も参加できます。しかし本来の読者優先であることを留意してください。


簡単なお約束です

■約束 その1■名前(HN)は あまりコロコロ変えないでください
掲示板では自分と趣味の合う人となかよくなるのも目的の1つです
名前(HN:ハンドルネーム)をコロコロ変えられると 名前が覚えにくいですよ
掲示板荒らしだと思われるかも知れません
そうそう 名前を変えて 一人二役するようなことはやめてくださいね すぐわかってしまいますから

■約束 その2■姓名や住所・電話番号は絶対掲示板に書かないでください
ネットは現実世界とまったく同じです。よい人もいれば ずーっと悪いことをしようと考えている人もいます。
自分や友達の個人情報を掲示板のような不特定多数の人が見ることの出来る場所に書き込むのはとっても危険です。

■約束 その3■乱暴な言葉や汚い言葉は使わないでください
使う言葉はあなた自身です。掲示板ではいろんな人が読んでいます。
会ったことがない人がほとんどですから 書いてある文章からしか あなたのことはわかりません。
できるだけ自分の考えが正しく伝わるようにていねいな言葉を使ってください。
(「きもい」「うざい」ということばや相手を小馬鹿にする言葉はイエローカードが出ていると思ってください)

■約束 その4■掲示板のテーマにあった書き込みをしてください(掲示板ネタが必要です)
掲示板はテーマに分類してたくさん用意されていますから 必ずテーマにあった書き込みをしてください。
たとえば「ひとみ掲示板」では 雑誌ひとみ や ひとみの漫画家 や ひとみの付録といった感じで ひとみ に関係する話題を書き込むように協力をお願いします。

■約束 その5■掲示板でのチャットはやめてください
掲示板は後から読む人もいっぱいいます。後から来た人にもわかるような書き込みをしてください。
みなさんが共同利用するため、特定の人だけを対象としたおしゃべり(チャットと言います)はしないように協力してください。
「はじめまして」とあいさつすることはよいことですが、たったそれだけだと掲示板のテーマとはなにも関係ありません。
「わたしこそ よろしく」「なになにさん わたしのことはなになにと呼んでね」といった感じの書き込みが続いてしまうと
掲示板のテーマを楽しみにしている人にとってはちょっと迷惑です
あいさつしたい人は ちゃんとテーマに関する書き込みを5行や10行書いてからあいさつするとよいでしょう。

■約束 その6■漫画家さん と 出版社(小学館、講談社、集英社)への悪口はダメです
「★★の漫画家は好きだけど、☆☆は下手だから嫌い」というのは絶対ダメです。他の人が見て嫌な思いをするカキコミはしないでください。
たとえ批評批判でも ちなりっこ倶楽部は 本来の読者優先のファンサイトです。
ファンの心情を傷つけるような内容であれば批評批判としてはOKであってもちなりっこ倶楽部の書き込みとしてはNGということになります。

■約束 その7■ 発売日前にネタバレ書き込みはしないでください。
みんな自分が買ってきて読もうと楽しみにしているのです。書き込みは削除しますし・・・しばらくの間謹慎していただきます。

■約束 その8■ 掲示板荒らしや変な書き込みは無視してください
イタズラする人はみなさんが反応するのを喜んでいます。無視するのが一番です。
もし 荒らしをする人に向かって 同じような乱暴な言葉を使ったら・・・もうそれは最悪です。


■説明 その1■ チャットと掲示板の違い
ちなりっこ倶楽部 は 掲示板システム であって チャットではありません
簡単に説明します

★チャット
おしゃべりという意味で、お話ししたいメンバーが同じ部屋(チャットルームと言います)に入って 音声で会話するかわりに文章で会話するものです
相手がそのとき同じ場所にいないと会話が出来ません
基本的には そこに居合わせた人だけに通じる話題を話します

★掲示板(電子掲示板とか電子会議とも言います)
これは同じ時間にお互いがいる必要のないコミュニケーション方法です
ですから「誰かいる?」とか「お話ししましょう」というのはちょっと変です
漫画家というテーマ別に掲示板があると言うことは その漫画家や作品に興味や関心がある人がたくさん読んでいます
書き込みが少なくても すぐに返事がなくてもチェックはしていると思ってください

そこで2,3人の人が 最初は自己紹介から始まって、その漫画家や作品とは全然関係のない話をつづけだすと、他の人は そういった場違いな話題を我慢しなくてはなりません
もしかしたら 書き込みたいと思っている人が 書きにくく感じるかも知れません

インターネットの世界で楽しんでもらうのは大変すばらしいことです
でも すこしでもいいですから なぜ ちなりっこ倶楽部 が 掲示板システムを採用していて 漫画家ごと または テーマごと に 掲示板が用意されているのか 考えて欲しいのです